実は日本人には悩んでいる人が多い!

包茎で悩む人のためのガイド

実は日本人には悩んでいる人が多い!

実は日本には、包茎に悩んでいる男子が沢山います。ではなぜ欧米ではそれほど多く聞くことがないのか?
欧米は日本よりも宗教的概念が根付いている国が沢山あります。キリスト教、ユダヤ教、イスラム教など、世界には多くの宗教があり、それぞれに神への信仰心をもって生活をしていますが、その宗教上の儀式として「割礼」というものがあります。
これはある一定の年齢に達した男子は、社会の一員として認められ、その儀式の際に、ペニスの先を少し切る、というものです。
性的な部分を行うということで、性的虐待という声もありますが、ともかく、この儀式により、包茎の比率は限りなく低いものになっているというのも事実です。
余談ですが、前出の宗教の中には、現代では教会などで割礼を行わず、医療機関に行って割礼を行い、その後家族で御祝いをするというスタイルもあるそうです。衛生面を考えたら良い選択だと思います。
話はそれましたが、幸か不幸か日本人には信仰心というものがあまりありませんので、そのような儀式も一般化していませんが、儀式があるから包茎が少なくてよろしいと考えるのか、はたまたそんなに痛い思いする位なら、大人になってから考えると思うのか、いかがでしょうか?


ホーム RSS購読 サイトマップ