包茎だと・・・

包茎で悩む人のためのガイド

包茎だと・・・

包茎だとどんなデメリットがあるのでしょうか。
まずは、物理的な面よりも精神面に負担がかかります。
自分は包茎だ、と思えば思うほど、女性と積極的に付き合うことが出来なくなったり、どこか引け目を感じてしまったりと、コンプレックスは日増しに大きく感じられるようになります。
包茎でも日常生活は問題なく送ることが出来ますし、女性とも上手く付き合うこともできます。ただ、衛生面から見ると、あまり好ましい状態とは言えなく、中には泌尿器系の病気になったり、自身が不衛生なため、パートナーの女性の方が婦人科系の病気になる可能性も、多くはありませんがあります。
まだまだ成長段階であれば、後々成長途中に改善される事もありますが、ある程度成人してからでは、自然に改善される確率は低く、結果手術がベストということになります。
包茎手術を経験した男性からは、「今まで抱えていた悩みがウソのようになくなった。こんなに簡単に治るなら、もっと早く来れば良かった。」という感想が沢山寄せられています。
確かに入院もなく、30分程度の手術で終わるのなら、悩んでいた時間よりはるかに短いもの。このお悩みを取り除くためには、まずクリニックに一歩を踏み出すことです。


ホーム RSS購読 サイトマップ