包茎手術の現状

包茎で悩む人のためのガイド

包茎手術の現状

実は諸外国に比べて、日本では多くの包茎手術が行われています。術例が多いということは、これ言い換えると、その分技術が向上しているということです。
包茎手術専門のクリニックがあるというのも納得なんですね。
日本での包茎手術は、そのほとんどは保険適用外になっています。
保険が使えるなら、一般的には費用の3割負担ということになりますが、「包茎が原因で起こる病気の為の治療」という判断がなければ、治療の範囲にはならず、その為包茎手術は保険適用外の、全額本人負担での手術となります。
包茎が原因で起こる病気はどんなものがあるかと言うと、例えば泌尿器系の病気。包茎により不衛生になり、自身が病気になるだけでなく、パートナーにも悪影響がでる可能性があります。
その結果パートナーの婦人科系の疾患の可能性も出てくるのですが、この症例は全体に比べるとごくわずかと言えます。
実際は、包茎手術を考える人の多くは、やはりこういった健康面よりも精神面での負担を抱えている人が多く、クリニックにカウンセリングに来ていざ手術を受けてみると、「こんなに簡単に手術が出来るなら、もっと早く来ればよかった。」と晴れ晴れとした表情で帰宅する方が沢山います。


ホーム RSS購読 サイトマップ